タケシタ調剤薬局

VISION

総合病院・医療モールを主軸とした店舗展開

 
 今後、日本の中で調剤薬局を巡る状況は非常に厳しいものになると私どもは考えます。
 医療財政悪化からの調剤報酬マイナス改正による利益の減少、院外処方せん発行枚数の頭打ち、それに伴う薬局経営の悪化。 そんな時代の中で安定して成長し続けるために、タケシタ調剤薬局は広域病院の院外処方箋を受ける大型店舗の開店、複数の診療科目が集積して質の高い医療を提供できるメディカルタウンの展開を主軸とする安定した経営を行っており、新たな出店場所も確保しています。
 また、将来わが国が直面する高齢化社会における、通院困難な患者さんの自宅もしくは老人施設などを訪問して医療行為を行う「在宅医療」も今後の課題の一つとして力を入れております。
 また、在庫医薬品目は一店舗700~1500品目、会社全体では3500品目にものぼります。これにより面分業へのすばやい対応ができます。
 私たちが目指すのは、多種多様の科の処方せんを毎日調剤する「薬剤師のプロ」としての知識の向上、経験の豊富さ、それを支えるスタッフの技能・サービスの向上、そして、地域に根ざした選ばれる薬局作りです。

タケシタが出店している総合病院

小倉記念病院
小倉記念病院
北九州市立医療センター
北九州市立医療センター
九州労災病院
九州労災病院
九州厚生年金病院
九州病院
新小倉病院
新小倉病院
産業医科大学若松病院
産業医科大学若松病院
戸畑共立病院
戸畑共立病院
門司メディカルセンター
門司メディカルセンター
九州歯科大学附属病院
九州歯科大学附属病院
社会保険直方病院
社会保険直方病院
社会保険田川病院
社会保険田川病院
田川市立病院
田川市立病院
飯塚市立病院
飯塚市立病院
大牟田市立病院
大牟田市立病院
熊本総合病院
熊本総合病院
大分医療センター
大分医療センター
  
ページトップに戻る

個人情報保護の方針