タケシタ調剤薬局

安全性の追求

調剤過誤ゼロへのあくなき努力

「調剤過誤ゼロ」これは全ての調剤薬局の課題だと思います。
 タケシタ調剤薬局では、定期的に薬剤師研修を行い薬剤師のレベルアップを図ると同時に、監査に重点を置いた独自の調剤内規を策定し、その遵守に努めています。また、調剤過誤やヒヤリハットの事例を報告書として提出するよう義務づけ、薬剤師から事務まで全店舗の全てのスタッフが経験値として共有し、ミスを事前に防ぐ取り組みをしています。
 安全な薬物療養は薬をミスなく患者に渡せば終わりというわけではありません。患者さんが正しく薬を服用し、その経過を観察し対策をとることにより完結します。だからこそ、タケシタ調剤薬局では投薬業務が最も重要なセクションで、技術・経験など独自の基準をクリアーした薬剤師しか行えません。
  
ページトップに戻る

個人情報保護の方針