タケシタ調剤薬局

考える接遇

マニュアル通りの笑顔ならいらない

 タケシタ調剤薬局に接遇マニュアルはありません。調剤薬局には、老若男女問わず、いろいろな患者さんが訪れます。その全ての患者さんに対して同じマニュアルが通用するはずもありません。まず、患者さんに思いやりの気持ちを持つこと。次に常に周囲に目を配り、相手の立場になって考え、自分なら何をして欲しいか、不器用でも良いから、自分で考え、それを実践することが大切なのです。
 たとえば、歩くのが辛そうな高齢の方なら、投薬口に呼ぶのではなく、患者さんの横に座って、薬の説明をする。
 調剤に時間のかかると予測できれば、それを患者さんに伝え、待って頂くか、時間がないようであれば届ける。
全ての患者さんにオーダーメイドな対応、それがタケシタクオリティです。

  
ページトップに戻る

個人情報保護の方針