タケシタ調剤薬局

待ち時間短縮

1秒でも待ち時間を短く
        その1秒を患者さんのために

 患者さんへの一番の思いやりは待たせないことです。辛い体で、病院に足を運び、さらに病院の外にある薬局へとわざわざ来てくれた患者さんへ、私たちがしてあげられることは、少しでも早く家に帰してあげることです。
 受付→入力→調剤までの時間を短縮し、その分チェック(監査)と、患者さんとのコミュニケーション(服薬指導)に時間をかける。そのためにタケシタ調剤薬局では、自動化・省力化のためのシステムに依存することなく、熟練度の高いスタッフを育て、さらに処方せん枚数に対する薬剤師数の比率を高めることにより待ち時間の短縮を図り、実際に高い成果をあげています。また、スタッフの動線や薬や器材の配置など、日々の業務の中で常に改善を加えています。
全ては患者さんの1秒のために…
タケシタ調剤薬局の待ち時間短縮の仕組みは「人」が主役です。
 薬局が導入する機材・システムは、概ね標準化されています。
その中で、待ち時間短縮の仕組みをシステムや機材に依存するのは無意味で、決定的な要因にはなり得ません。  
 タケシタ調剤薬局が展開する薬局は、広域病院型、メディカルタウン型、個人病院型と、3つに分類されます。知識・技術・コミュニケーション能力など薬剤師の能力・適正に合わせて、最適な薬局へと配置させます。特にスピードと正確性が求められる広域病院型へは、熟練度の高い優秀な薬剤師を集中配置させています。  
 福岡県内という比較的狭いエリアの中で、100人超の薬剤師を雇用し、その中から優れた薬剤師を選び、配置させることが出来る。 それがタケシタの強みであり、速さの秘密でもあります。
  
ページトップに戻る

個人情報保護の方針