タケシタ調剤薬局

先輩社員からのメッセージ

  • 私はタケシタ調剤薬局に入社する前に、調剤薬局と病院の両方を経験してきたのですが、この会社に入って、他との違いを感じたのは「人」です。
    まず人数。タケシタ調剤薬局では処方せん応需枚数に合せ、薬剤師・医療事務の数を他ではありえない位確保しています。それにより、精神的、体力的に余裕が生まれますので投薬の質・スピードを向上させる事が出来きます。
    そして人間。社長を筆頭に魅力のある先輩がたくさんいます。タケシタ調剤薬局には学術部もあるので深い知識を身につけたい方は、すごく刺激を受けることが出来ると思いますし、分からない事があればすぐに質問ができるので安心できます。またこの業界にしては男性が多く、先輩にはよく飲みに連れて行ってもらいます。年に数回あるゴルフコンペも私にとっては魅力の一つです。
    タケシタ調剤薬局には大型病院前の店舗多くあります。私の勤務している田川店は人工透析科の処方箋を受けていますが、他にも抗癌剤の多い店舗や心臓血管外科・リウマチ・脳外科・糖尿病・小児循環など多岐に亘って処方箋を受けていますので、それぞれ店舗の雰囲気やスタイルが異なりますので自分に合った店舗が必ず見つかると思います。
  • 私達医療事務の日常業務は患者様より処方箋を受け取った後、薬歴を出しパソコンに処方内容を入力して負担金額、薬の説明書、薬袋の印刷をして薬剤師の補助をしています。
    手足等の悪い患者様や病気できつい患者様を少しでも『お待たせする事がないよう』早く正確にパソコン入力する事を日々心掛けてみんなで協力しながら取り組んでいます。
    時には、お薬をお渡しするまでに時間がかかる方もいらっしゃる為、待っていただく間、つねに幼いお子様からご年配の方までコミュニケーションを取る事を心掛けています。
    コミュニケーションを取る事で心を開いていただけた時や少しでも元気になられ笑顔を見る事ができた時と「ありがとう」「また薬もらいにくるね」の一言で私達が患者様より信頼していただけていると今の仕事にやりがいを感じる時です。
    薬局内の環境や雰囲気もとても良く、上司や事務の先輩方に保険薬局のあり方からレセプト請求、患者様への接し方を丁寧に、時には厳しく教えていただき大きく成長する事ができています。患者様の立場になり考える事で学んだ事を生かし少しでも気持ちよく来局していただける薬局にしていきたいと思っています。

  
ページトップに戻る

個人情報保護の方針