top of page

オーダーメイド式新人研修

調剤内規、OJT、学術スキルの3つの軸を教育チームスタッフと随時面談を交えながら実施。不安なことは、すぐに相談できる環境で学ぶことで、安心して確かな成長と自信を身につけていきます。

​1.調剤内規

まずは薬剤師職能の礎となる「調剤基礎」。投薬、監査に疑義照会、患者さまとの接し方や薬剤師に大切な心構えをしっかり学び基礎を築きます。指導は年齢の近い先輩薬剤師がプリセプターとしてつき、1対1で丁寧に指導。実践の中で分からないことはいつでも聞いて、すぐに解決することができます。

​2.OJT

2つめは強みの異なる複数の大型総合病院前店舗にて実施するOJT。小児科・癌・循環器内科など、高度で「多彩な医療科目」に触れることで豊富な経験と知識を培います。一般の薬局では触れる機会が少ない症例を多く扱えるのは、総合病院前である当社だからできること。現場で積み重ねた密度の濃い調剤経験は10年20年後、薬剤師としての実力や強さ、揺るがなさとして表れてくるはず。ベースは3か月×4店舗クールで研修をしますが、個々の成長スピードや学びたい希望に沿って柔軟に変更するオーダーメード式の研修です。

​3.学術スキル

最後は「学術」スキル。月1回本社で新人勉強会を開催。外部講師を招いてのセミナー受講や処方箋の読み方など、学術面からも知識を蓄え、着実なスキルアップや常に新しい物を学び続ける姿勢を身につけます。

学ぶ意欲&向上心をサポートする制度

当社では学びたい・スキルアップしたい従業員を支援するプロジェクトを実施中。学ぶ意欲のあるスタッフの研修参加費用を上限10万円まで企業負担しています。薬学に関する学会はもちろん、マナー研修、人材育成やコミュニケーション、スポーツファーマシストまで店舗・患者さまに貢献するための研修内容であれば支援実施を検討。

​すべての研修において社歴や職種問わず誰にでもオープンに門戸を開くことで、いくつになっても「学びたい」という純粋な好奇心と向上心、そして積極的な姿勢を支援する企業でありたいと思っています。

最大10万円研修費支援
└学会や薬剤師会主催の研修などへの参加費を企業が最大10万円まで負担

学術活動・学会発表
└膨大なプレアボイドデータをまとめ「日本薬剤師会学術大会」に参加実績あり

リーダーシップ研修

└チームをまとめるのに必要な思考やコミュニケーションスキルを学ぶ研修を定期開催

店舗内勉強会

└店舗や地区ごとに自分たちでテーマを考え薬学に関する研修を約月1回開催

Eラーニングシステム

└自宅のPCやタブレットを使ったEラーニングで認定薬剤師取得が可能。

ネットワークによる情報共有

クレーム、インシデント、プレアボイドなど、あらゆる事例を全社員で情報共有することで、1店舗での勤務だけでは遭遇出来ない、様々な事例を疑似体験し知識として学び事前にミスを防ぎます。調剤過誤をなくし、薬剤師としての基本理念である「医療安全」を重視しています。

  • クレーム:トラブル発生時は社内のクレーム専門チームが対応。その概略を共有することで、同様のケースを事前会費し、迅速な対処を行うことを可能にする。

  • インシデント:インシデント事例や改善案の匿名での報告。全スタッフで共有することで、リスク軽減が可能に。

  • プレアボイド:薬剤師が患者さまの不利益になる副作用・相互作用・治療効果不十分などを事前回避又は軽減することができた事例。

医療事務研修センター

bottom of page