top of page

特徴

タケシタ調剤薬局は競合が常にある総合病院前が主軸です

今後、日本の中で調剤薬局を巡る状況は非常に厳しいものになると私どもは考えます。医療財政悪化からの調剤報酬マイナス改正による利益の減少、院外処方せん発行枚数の頭打ち、それに伴う薬局経営の悪化。
そんな時代の中で安定して成長し続けるために、タケシタ調剤薬局は総合病院の院外処方箋を受ける大型店舗の開店、複数の診療科目が集積して質の高い医療を提供できるメディカルタウンの展開を主軸とする安定した経営を行っており、新たな出店場所も確保しています。

また、将来わが国が直面する高齢化社会における、通院困難な患者さんの自宅もしくは老人施設などを訪問して医療行為を行う「在宅医療」も今後の課題の一つとして力を入れています。
私たちが目指すのは、多種多様の科の処方せんを毎日調剤する「薬剤師のプロ」としての知識の獲得、経験の豊富さ、それを支えるスタッフの技能・サービスの向上、そして、地域に根ざした選ばれる薬局作りです。

総合病院門前における豊富な店舗運営実績

40年の調剤薬局運営で培ったノウハウ・実績があります。

私たちの3つの強み

総合病院を主軸にした店舗展開

タケシタ調剤薬局は、北九州・福岡を中心に九州に40店舗展開する調剤薬局です。大型総合病院前または医療モール前を主軸に展開しており、全スタッフの9割が総合病院前や医療モールに勤務。膠原病などの特定疾患や癌、小児特定疾患、全国的に有名な循環器センターのある病院など隣接総合病院に合わせて、特色あるレベルの高い処方せんを取り扱っています。

強さの秘密はスタッフの多さ

私たちのモットーのひとつは「患者さまをお待たせしない」こと。可能な限り早く患者さまへお薬をお渡しする「正確・丁寧・スピーディー」を常に心がけています。これを可能にしているのがスタッフ数の多さ。1店舗当たりのスタッフ数は平均10.6人。最大店舗では33人のスタッフで店舗を動かします。それぞれが業務を分担し、最も効率よくスムーズに店舗内を動き回ります。

強さの秘密はスタッフの多さ

私たちのモットーのひとつは「患者さまをお待たせしない」こと。可能な限り早く患者さまへお薬をお渡しする「正確・丁寧・スピーディー」を常に心がけています。これを可能にしているのがスタッフ数の多さ。1店舗当たりのスタッフ数は平均10.6人。最大店舗では33人のスタッフで店舗を動かします。それぞれが業務を分担し、最も効率よくスムーズに店舗内を動き回ります。

数字でみるタケシタ

創業(現在42周年)

1981

従業員数(うち薬剤師181名)

479

店舗数

41店舗

調剤報酬額ランキング(全国)

21

調剤報酬額(2021年実績)

196億円

処方せん受付枚数(2021年実績)

107万枚

1店舗あたりの調剤報酬額(年間)

3.7

全国平均の約

地域社会とのつながり

地域貢献

タケシタ調剤薬局は地元サッカーチーム「ギラヴァンツ北九州(J2)」のオフィシャルスポンサーに就任。地元地域の活性化に積極的に貢献したいと考えています。またスポーツ以外にも舞台芸術などの地域活動支援も行っています。

若者へ向けた活動

タケシタ調剤薬局では小学校への寄付(※)や最寄高校での薬物乱用の防止講義を実施。地域の未来を支える可能性を秘めた子供たちの学びや成長支援を通じ、まちを支え地域に根付き、貢献していきたいと考えています。

※2017年熊本市立健軍東小学校に向け私募債発行額0.2%相当額を寄付。

社会貢献活動

薬局事業における収益の一部を、復興支援や医療発展のための寄付活動として募金。

熊本地震(2016年)ではエリア店舗が被災。他エリアスタッフが自主的に人員と物資を招集し、災害時だからこそ薬を必要とする患者さまへ「いつもと変わらず同じように」薬の提供を行いました。

鹿児島の総合商社「南国殖産」と企業設立

私たちのモットーのひとつは「患者さまをお待たせしない」こと。可能な限り早く患者さまへお薬をお渡しする「正確・丁寧・スピーディー」を常に心がけています。これを可能にしているのがスタッフ数の多さ。1店舗当たりのスタッフ数は平均10.6人。最大店舗では33人のスタッフで店舗を動かします。それぞれが業務を分担し、最も効率よくスムーズに店舗内を動き回ります。

タケシタ調剤薬局についてさらに知りたい方はこちら

タケシタ調剤薬局は全500名()の会社です。現在では、調剤薬局運営の他、医院開業支援なども行っております。オフィスギャラリーでは、本社ビルと店舗内観をご紹介しています。全ての年齢・バックグラウンドの方に、安心して快適に過ごせるよう徹底的にこだわりぬき、店舗設計しています。

bottom of page