処方せん枚数当たりの

薬剤師配置数

- Speed -

「待ち時間の短縮」

「患者さまをお待たせしない」を第一に

きつい体で薬局に来局された方に、私たちができる最大の配慮は”少しでも早くご自宅で休める時間を提供すること”だと考えています。常に患者さまの立場に立ち「いま何をしてもらえたら嬉しいか」をスタッフ1人ひとりが考え、率先して行動することを大切にしています。

積極的なシステム導入

正確かつスピーディーに調剤を行い、早くお薬をお渡しするためタケシタでは全自動分包機や電子薬歴、散薬監査システムなどの専門機材を積極的に導入。また調剤室内レイアウトなど細部に至るまで、極限まで無駄を削いだ動線設計を施すことで、精密さを保ったままさらに迅速なお薬のご提供を可能にしています。

処方せん枚数当たりの薬剤師配置数

調剤薬局の薬剤師は規定で処方箋枚数40枚につき1人と定められています。タケシタではそこを30枚に1人とさらにゆとりある人員配置を行うことで、安全性と正確性を高め調剤過誤のリスクを減少させるだけでなく、患者さまをお待たせすることのないスムーズなお薬のお渡しを可能にしています。

さらなる最適化をめざして

医療事務スタッフは入社後、研修センターで高いレベルの保険や調剤報酬の基礎知識とスピードを学びます。さらに年1回全事務スタッフが社内テストを受験し、改訂情報と基礎知識をアップデート。より精密で迅速な業務を行うため、全スタッフが学び向上し続けることを大切にしています。

- Hospitality -

「安心で快適な空間を」

あらゆる方に安心して頂くために

薬局にはあらゆる年代やバックグラウンドの方が来局されます。そこでタケシタでは”時間がかかる方には事前に待ち時間を伝える”、”歩行が辛い方には投薬口でなく待合室のソファーでお薬説明を行う”など、患者さま1人ひとりにあった心配りと環境作りに日々取り組んでいます。

ユニバーサルデザイン

近年店舗ではユニバーサルデザインを積極的に導入。高齢の方が立ち上がりやすい待合室ソファーや車椅子で通れる通路、オストメイト完備トイレなど、きめ細やかな配慮を施し、全ての年齢・バックグラウンドの方が安心快適に過ごせる空間をご提供しています。

日々の心尽くしを大切に

サービス業で高評価を受ける航空会社スターフライヤーからマナー講師を招いたり、ホスピタリティー検定の受験を推奨。声かけや老眼鏡・助聴器・杖ホルダー設置などスタッフ1人ひとりが、小さな心配りから何か患者さまに寄り添えることがないかを日々意識することを心がけています。

フロアスタッフの配置

タケシタでは待合室にスタッフを配置。時間がかかる場合は事前に待ち時間をご案内しています。これはあとどの程度待つか分からない不安を解消し、安心してお過ごし頂くためです。またお待ちになられる方には快適にお過ごし頂くため、フリードリンクをご用意しています。

■タケシタ調剤薬局 本社   
〒802-0077 
福岡県北九州市小倉北区馬借2-6-1​ タケシタビル3階
TEL.093-513-6677(代表)

​FOLLOW  US

(C) 2020 TAKESHITA HOLDINGS INC. All Right Reserved.